トップページへ Q&A診察室
 
Q.111 耳鼻科領域での逆流性食道炎の症状とは
A.111

胃内容物の逆流によって不快な症状や合併症を起こした状態で、耳鼻咽喉科領域の疾患では咽喉頭酸逆流症です。症状としては、咳と痰が続く、咽喉の違和感や灼熱感がある、異物感がある・・・etc。

定型症状として胸焼けや呑酸、胃もたれなどがあって、胃カメラで食道炎の症状があれば確実です。

耳鼻科的な所見としては、特に長い経過の方では、食道入口部より流出した胃酸のために耳痛や頭痛、後鼻漏、咽喉の違和感、痰、声枯れ、慢性的な咳、そして声門後部に肉芽形成があれば、絶対的です。

下の写真は典型的な患者さんの喉頭所見です。

両側声帯後方に白っぽい肉芽形成がありました。

頑固な咳や、喉頭の異物感が続くような方では胃酸逆流症の可能性も考慮しなければなりません。





質問の一覧へ

Q.112 再度、耳垢について
A.112

某薬品メーカーから頂いた
患者さんへの 啓もうパンフレットで
良いのがありましたので
ここに掲載させていただきます。



毎日必ずと言ってよいほど、耳垢が詰まってお見えになる方がいます。あかちゃんからお年寄りまで、若い方でも驚くほどの耳垢がごっそり取れることもあります。
早めの受診をお勧めします。不愉快な耳の症状が取れ気持ちが明るくなります。

質問の一覧へ

Q.113 年を取ってきたら鼻水が出やすくなったのですが
A.113

これはいわゆる老人性鼻漏かもしれません。

花粉症などの症状と同じように、水溶性の鼻漏がでてくるものの一年中起こりやすいのですが、特に熱いものを食べたりすると如実に起こりやすくなります。 もちろん、若い方でもラーメンなどを食べると鼻水が垂れてくることがあり、メカニズムはほぼ同じです。くしゃみや鼻閉を伴うことは少なく、「朝起きると鼻汁が出て鼻をかむことが多く、昼間は症状が落ち着いている」と症状を訴えます。

鼻粘膜の機能としては加温・加湿機能があるのですが、そればかりでなく高温・多湿な呼気を冷却し、呼気中の水分を再吸収しています。またこれは逆にもいえることだと思います。

加温された空気中の水分は鼻内粘膜で冷却されて、その水分が鼻粘膜から吸収もされるのですが、鼻粘膜の機能が低下していると、吸収されない分が水分としてでてしまうのです。こういう方の鼻粘膜はアレルギー性鼻炎の方のようには、腫脹はしてなく、むしろ萎縮傾向にあります。

ただ、若いころから花粉症などの症状を伴っていると、なかなか老人性の鼻炎もあるとも言えず、なんとなく表現は曖昧になってしまいます。血液検査をしても何も反応ない方では、まさに老人性鼻炎としか言えない場合があります。

質問の一覧へ